地域の活性

       地方分権では変われない

HOME > WORKS 06

都会にいると気づきにくいですが、地方はシャッター通りや空き家も多く
自然のなかで遊ぶ子供たちもあまり見かけなくなりました
最近では、都会にもシャッター通りのような街が出てきました
 
世界一の長寿大国であろうと、未来をたくすべき子供達が少ないのでは
日本の深刻な結果は目に見えてます

義心塾では、
シャッター通りや、空き家を無くそうとの想いで
「店舗信託」「世襲代行」等の新しい概念を提案し、企業や地方公共団体との
連携作業に入っております

また、地方活性化のために地方合衆県案などの新提言を行なっています
いきなりの道州制は無理であっても
たとえばですが、近畿地方であれば、和歌山県、奈良県、三重県の3県合併も
可能です
 
 
 
皆様にも、いろいろな案があるかと思います
各自の主義主張や固定概念にこだわらず、
皆の知恵を結集し、心を合わせれば必ず日本は再生します

地方に力を

 
街に活気を
 
家族に安心を
 
若者に夢を